新東京物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新東京」18名の作家さんへ

<<   作成日時 : 2008/09/18 21:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6日間の展覧会中、主催者の私は毎日会場におりましたので、
疲れたでしょ?
と、友人たちは労をねぎらってくれます。
確かに。
正直なところ体はバテておりましたが、
面白かったです、ホント!
500人もの来場者と直に接することができたのです!
観に来てくださったお客さまとのお話も楽しかったし、
18通りの「東京」を違った角度で毎日見られたのも
6日間という時間のおかげなんですね。
つまり、展覧会で一番オイシイ想いをしたのは、
当然ながら私ということになります。
他のみなさんにもおすそわけしなければっ。

というわけで参加作家18名さんそれぞれに「物語報告」です!
ちなみに紹介順は私が写真撮影した順です。他意はありませんよ〜。
では、どうぞ〜!

         
※ 掲載画像の無断転用を禁止します (c)新東京物語/2008

画像
「東京ガエル」を展示くださったのは草薙能子さん。
身体の丸い模様がひとうひとつ独立しているのが「東京ガエル」の特徴だとか。
展覧会中、カエル好きの女性が多数来場され、
「きゃーん♪ カワイイ♪」
とみなさん雄叫びをあげておられました。
草薙さんの関連サイト

画像
世界に一人のハンドメイド・ボール作家の原政人さんは、
ボールペンの自分史を展示くださいました。
メカニックなデザインは男のコ心をくすぐるのでしょう、
「カッコイイ!」と大人の男性が惚れ惚れ。
特大のボールペンは子どもたちに「すごい!」と大人気でありました。
原さんのサイト

画像
東田さんの作品は「四谷」のなつかしい風景とご自身の制作環境。
異国情緒がただよう「東京」に目を留められる方がたくさんいらっしゃいました。
「作品をもっと見たい!」と
東田さんが参加されている『昭和レトロ展』のDMを手にされる方が多く、
あっという間になくなってしまいました。
東田さんのサイト

画像
「あまったれパンダ」。
作者の藤田ヒロコさんは「小品しかできなかった〜」とこぼしてましたが、
「これ、最高だよ!」と絶賛される方多し。特にデザイン系の業界人にウケてました。
10月に予定されている個展のDMがカワイイと好評で
「観にいきたい!」と話される方が何人もいらっしゃいました。
藤田さんのサイト

画像
2作品を展示くださったのは湯浅紀美子さん。
和のタッチで描かれた中にアクセサリーが組まれているのを観て、
「こういうアイデアっていいわね〜」と大好評でした。
湯浅さんのサイト

画像
あべ夏さんは元気でニヒルな江戸っこ猫。
会場へフラッと立ち寄られたお客さまの中には
「谷中の『猫町』で観た!」という
“あべファン”の方が何人もいらしゃいました。
あべさんのサイト

画像
東京の日常を楽しく見せてくださったのは うえだしげこさん。
主婦の共感を得たのが「掃除機を楽しそうにかけている女性」で、
「これ、ほしいな〜」の声がたくさんありました!
うえださんのサイト

画像
久野昌一さんの「東京ウサギ」がいるのは…?
「あ!スバルビルの『新宿の目』だ!」
新宿通の人にウケてました。それと、やはり鼻水に注目が!
「鼻水が上向いてるなんて、不思議〜」と話題騒然!
久野さんのサイト
※久野さんへ私信
搬出のときペーパーバックとクッション材を無くしてしまってゴメンナサイ。


画像
ズバリ! 「私の東京物語」を“一枚”に散りばめてくださったのは
写真家の迫川尚子さん。
副店長をなさっているお店「ベルク」の書籍が
ただいま全国書店で好評発売中♪ ということで、まさに“時の人”。
「あ、ベルクの人?」「ベルク、いいお店ですよね〜」などなど、
帰りにベルクへ立ち寄られる方も多数いらっしゃいました。
迫川さんのお店「ベルク」のサイト
Amazon「新宿駅最後の小さなお店ベルク」

画像
私・5*SEASONの「東京」です。
手のひらサイズの小さな本に「東京」を詰め込んでみました。
展示Aの『タロット〜』とはまた違った、お気楽な内容に
ププ〜と笑いがおこっておりました。
5*SEASONのサイト

画像
ドームの中の東京タワー。川口喜久雄さんの作品。
このほか全8点を展示いただきました。
精巧なシルエット・オブジェに感動される方が多く、
「どうやって作ってるんですか?」と質問攻めに合ってしまいました。
・・・うまく応えられなくって、スミマセン。。。
川口さんのサイト
※川口さんの作品は「ジブリ美術館」でも御覧いただけます


画像
「東京生まれで東京育ちだから
 『東京って何だろう』なんて考えたことなかった〜」
というEMMAさんの『東京タワーガール』。
ポップな東京キャラが20代と思われる女性に好評で、
「ケータイの待ち受けに使いたいぐらいです」とか
「作家さんの携帯サイトってないんですか? PCやってないので…」
こんな声がありました。
EMMAさんのサイト

画像
バリ島のお面をライフワークになさっている藤沢芳子さんが、
キツネ面を童画にしてくださいました。
「今後もキツネ面を大切に描いていきたい」
藤沢さんの新境地を一目見ようと、
連日お客さまが続々とお越しくださいました。
藤沢さんのブログ

画像
工事現場を囲うホワイトボードを切り取り写真集にしてくださったのは岩切等さん。
クールなショットを淡々とめくる読者…
なのに、所々で「フッ」と笑い声がこぼれてくるのは何故?
犯人はホワイトボードに掲示されている看板やポスター!
「愛しているから」なんて、どこの工事現場?
岩切さんのDVD『TOKYO CRANES』
※岩切さんへ私信
売れっ子フォトグラファーにお茶っぱの買い出し、湯飲み洗いなどをさせてしまってゴメンナサイ。
でも慣れている感じがスキ。


画像
河合美波さんの「東京」は山手線と中央線。
イラストレーターならではの着眼点!
“電車のようなもの”に実際の車両の色が付いていて
観た人から「なるほどね〜」の声があがっておりました。
美波さんのサイト

画像
「ビル風」。
東京の美女を描いてくださったのは城芽ハヤトさん。
「目が色っぽいっ!」と男性陣から歓声が!
作品もさることながら城芽さんが主催されている、
平和の絵はがき展『ピースカード』のお問い合わせも多かったです。
城芽さんのサイト
「ピースカード」サイト

画像
展示台、カヌー、そして5*SEASON展の額と
お世話になりっぱなしの木工ユニット「WORKS&kaffee」の二人組。
木工製作はかくも男心を鷲掴みにするのかっ?
WORKSさんのカナディアンカヌーは信者になる男子が続出!
kaffeeさんの白いスキンカヤックは女性がウットリ〜。
大はしゃぎしたのが子どもたち。
ともかく、「新東京」へ誘うカヌーは展覧会の目玉となりました。
WORKSさんサイト  kaffeeさんサイト

ここで告知!
カヌーを作ってみたい方、興味のある方!

カヌーのイベント『G-Style2008』に参加してみませんか?
初心者歓迎、女性大大大歓迎だそうです!
「WORKS&kaffee」も参加するそうでーす。
募集!『G-Style2008』
マジ、お得なイベントですよ。自炊も楽しそうだ!

画像
伊藤久美子さんの「東京」は東京タワーの下で咲こうとしている夢。
「このランプ、ブタの革で出来てるんですよ」
こうお話すると「えぇ?」と、ほとんどの方がビックリ!
説明するのが おもしろくってたまりませんでした。
展覧会を最後まで、明るく見守ってくれた伊藤さんの灯りは
18人で作った空間「新東京」の光のようでありました。

         

18名のクリエーターのみなさま。

それぞれの「東京」を展示くださり本当にありがとうございました。
今はもう消えてしまった空間「新東京」ですが、
今後も ずーっと私の心にポッカリと浮かんでいることでしょう。
豊かな時間を過ごさせていただいたこと、そして
かけがえのない空間を魅せていただき
13年暮らした「東京の恵み」を改めて実感することができました。

ひゃっほーい!

5*

◆TOP

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新東京」18名の作家さんへ 新東京物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる